ストレス・サインの種類

ストレスが与えられたとき、人は心身に影響が及びます。適度なストレスは良い形で緊張感などを与えることもありますが、ストレスが過度である場合などには悪い形で影響が出てしまいます。

では、良いストレスと悪いストレスはどのように見分ければ良いのでしょうか。

ストレスがあるとき、人には何かしらのストレス・サインが表れます。人によって表れ方は違うので、自分が「ストレスを感じたときにどのような影響が出るのか」を把握しておく必要があるでしょう。

ストレス・サインは、精神面(行動面)と身体面の二種類に分けられます。

精神面はその名の通り、心に影響を及ぼします。

気持ちが不安定になることから、いつもと違った行動をしがちになります。

一般的には、漠然とした不安を感じる・落ち着きがなくなる・必要以上に興奮しやすくなる・笑顔が減る・タバコやコーヒーなどの嗜好品が急に増える・自分を肯定的に捉えられない・批判的になる、などの症状が表れるそうです。

身体面と違い、精神の部分は自分で把握しにくくなっています。

周りの人に聞くなどをして、自分の症状を確認しましょう。

次に身体面でのストレス・サインです。

筋肉の緊張が強くなることか肩凝りや頭痛がひどくなる・寝つきが悪くなる・食事がおいしく感じられなくなる・持病が悪化する・めまいや耳鳴りが新たに発生する・下痢や胃もたれなど消化器系に異常が出る・風邪をひきやすくなる、などが症状として表れます。

例えば風邪が長引くからといって風邪薬を飲んだとしても、あくまで一時の症状を和らげるだけです。

そもそものストレスの原因を排除しない限り、体調が良くなることはありません。精神面や身体面に異常が出た場合は、「自分は大丈夫」とは思わずに、ストレスの可能性を考えましょう。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です