良質な睡眠

人は平均6時間の睡眠時間が必要とされています。

充分に睡眠が取れていなくては疲労が蓄積されていき、心身に悪影響を与えてしまいます。作業能力や集中力が落ち、イライラすることもあると言われています。ベストな睡眠時間は7時間とされていますが、人によって違います。

あくまで7時間は目安として、自分に合った睡眠時間を確保していきましょう。

睡眠時間も大切ですが、それ以上に「睡眠の質」を上げることを心掛けましょう。質の悪い睡眠であれば、例え9時間眠ったとしても疲労が回復されませんし、だらだらと眠気が続くこともあるそうです。


質の良い睡眠を取るためには、まず、朝日を浴びる時間に起床をすることです。

朝日を浴びることでメラトニンの分泌が抑制され、代わりにセロトニンが合成されます。そのため、疲れているからといっても、昼過ぎまで寝ていては逆効果です。シフト制などで昼夜が逆転しているときにも、なるべく朝日を浴びることを意識しましょう。

朝に起きて夜に寝ている場合、昼寝は午後3時頃までに、1時間以内で済ませることが大切です。寝る前には、「睡眠モード」に切り替えるよう意識しましょう。睡眠予定の2時間ほど前からはリラックスできる雰囲気を作っていく必要があります。入浴もリラックスができますが、交感神経の働きも高まります。

こちらも2時間前には済ませておきましょう。

布団に入ってからは、気分を高ぶらせない娯楽に留めましょう。

部屋の光も明るすぎないものを選び、気持ちを落ち着かせることが大切です。

また、睡眠モードに入ってからは食事やアルコール、カフェインのあるものは控えましょう。消化吸収のために内臓が動いていると、どうしても眠りが浅くなってしまいます。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です