食べ方の工夫

医師は多忙な職業であるため、適当に食事を済ませることや、一食抜いてしまうこともしばしばあるそうです。専門でない限り栄養学にうとい人も多く、食生活が乱れている人も珍しくないと言われています。

自分の食生活を見直し、できる限りの工夫をしていく必要があります。

工夫については、コンビニなどで購入し、軽食で済ませている人の場合から考えていきます。カップラーメンや菓子パン、弁当などを選ぶと思いますが、そこにサラダなどの野菜を追加しましょう。

ビタミン類は加熱に弱いため、生野菜のサラダやりんごやバナナなど、生食できるものが効果的です。

これらは、ほとんどのコンビニで購入できます。

どうしても野菜が手に入らないときには、野菜ジュースなどで補いましょう。他にも、麺類やパン、おにぎりなどのたんぱく質が不足しているときには、ゆで卵やチーズ、ソーセージ、おでん(卵や練り製品)を選ぶことで補うことができます。

ストレスを感じたときには、緑黄色野菜の摂取に加えて、あさりやハマグリなどの貝類を摂取しましょう。

貝類には疲労回復に有効なタウリンやビタミンAが豊富に含まれています。貝類のインスタント味噌汁なども販売されていますので、いつでも飲めるよう手元に置いておくのも便利です。

他にも海草や乳製品でカルシウムを摂取できますし、アジやサバなどの青魚もビタミンが豊富です。

どうしてもその場で摂取できないときには家に戻ってから食べる、緊急の手段としてサプリメントを摂取するなどの方法を考えましょう。

しかし一番良いのは、毎食時間を確保して、栄養ある食事をゆっくりと食べることです。栄養が足りていない、偏っているときにはストレス耐性が激減します。心身を健康に保つためにも食生活を改善し、常に意識していく必要があるでしょう。